読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狙い撃つブログ

ライティング、アドセンス、アフィリエイトなどについてまとめています。

使い方次第でブログは金脈になる。

ブログサービスにも様々な媒体があります。著名なところでいうなら、


といったところでしょうか?それぞれのブログに特徴があり、その中にいるユーザーさんにも一定の傾向があるように感じます。





そんな私は、はてなブログ(無料版)を愛用させていただいています。本格的にブログの収益化に踏み出すにははてなブログPro版がいいようですが、あえて無料にこだわって書き続けていきたいと思います。


さて今回の記事では、ブログを用いて金脈を作る方法について簡単にまとめていきたいと思います。すでにブログで何万円、何十万円と稼いでいる人を想定している記事ではありませんので悪しからず。あくまでこれからブログで収益を上げたいと考えている人向けの記事です。


【目次】



記事を書いたらお金が増える→NO!


ブログを収益化させる際に記事は必要です。しかし、闇雲に記事だけ書き続けても、残念ながら報酬は一円も発生しません。酷なようですがこれは事実です。


書く文字数によって報酬がもらえるというわけでもありませんので、極端な話1000記事書いても1記事書いても、100文字書いても100,000文字書いてもあることをしないと、いつまでたってもあなたのブログは金脈と化しません。


では、どのようにしてブログで収益化するのか、その基本的な方法を3つ紹介していきたいと思います。


GoogleAdSense(グーグルアドセンス)に登録。


ご存知の方も多いと思います。天下のGoogle先生が提供しているGoogleAdSenseという広告プログラムです。仕組み自体はとても簡単。あなたの運営しているブログを‪AdSenseの審査に出し、通過すれば晴れてGoogleAdSenseの広告コードをブログに貼り付けることができます。


その広告コードをブログの任意の箇所に貼り付け、ブログ訪問者がそのコードリンクをクリックしたら報酬が発生します。クリック単価などと言われるサービスです。クリック単価はその時々に表示された広告のタイプによって変わります。


1クリックしてもらうだけで200円ほどの稼ぎになることもありますし、1円にしかならないこともあります。


こればかりはGoogleさんの神の手のなせる技なのでどうしようもありません。しかし、どちらにしてもクリックしてもらうためにはアクセス数の母数が必要となります。そのためブロガーと呼ばれる人たちはアクセスが集まりそうな楽しげな記事を書いているわけですね。


ちなみにアドセンスの登録や利用に一切費用はかかりませんのでご安心ください。


オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google



成果報酬型のアフィリエイト


アフィリエイトアドセンスと異なり、より通販要素の強いサービスになります。簡単に説明すると、あなたのブログで特定の商品を紹介し、そのブログ経由で購入や成約に至った場合に、広告主から紹介料という形で報酬がもらえるシステムです。


これら広告を集約している媒体をASPと呼びます。日本ではA8netやバリューコマース、アクセストレード、リンクシェアなどが有名です。


サイトへの登録は無料で、広告取得も完全無料。金銭的リスクなくスタートできるのがアフィリエイトの大きな特徴です。


私が使っているのはA8net。広告数も多く使い勝手も良いので重宝しています。無料登録は下記からどうぞ。





タイアップ記事。


これは一握りのブロガーでないと受けることができない案件です。例えば、月間のアクセス数が数百万を超えているような媒体の場合、クライアント側から「この商品をオタクのブログで紹介してくれませんか?」とオファーが来ることがあります。


これにより、案件によっては数万円から数十万円の報酬を得ることも可能です。かなり敷居が高いのも事実ですが、、、


全く不可能というわけでもありませんので目指してみるのも一興かもしれませんね。

まとめ。


このように、ブログ経由で収益を上げるためには「GoogleAdSenseを利用する」「アフィリエイトを利用する」「タイアップ記事を書く」などの方法があります。基本的なものばかりになりますが是非参考にされてください。