読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狙い撃つブログ

ライティング、アドセンス、アフィリエイトなどについてまとめています。

駆け出しウェブライターの闘い方。

ライターとして早8年ほどのキャリアになりました。もちろん私もはじめは駆け出しです。広告代理店や制作会社に勤務することなく、唐突にライターとして独立しましたので師はいません。


かろうじて言うなら「案件が父」です。


本来であれば、しっかりとお受験勉強的な準備をしていざ荒野へといったところなんでしょうが、せっかちな私は「まあなんとかなるだろう」の精神で見切り発車したわけです。




今となってはライター初心者の頃もいい思い出です。そして、その時の体験や工夫が、今まさにこれからライターとしてデビューされようとされている方に少しでも役に立つのではないかと考えるようになりました。


老婆心というにはまだまだ若輩な私ですが、駆け出しライターさん、特にWebで闘うつもりのウェブライターさんに向けて、私の履歴をご紹介していきたいと思います。


【目次】



一社執着は危険?


8年も前となれば、クラウドソーシングに代表されるような便利なサービスはほとんどありません。ライターの案件も知り合い伝いに紹介してもらったり、インターネット上にわずかにある業務委託の案件を受注してきました。


独立したからには一旗あげたい!」そう思うのが常でしょうが、残念ながら私は違いました。「いかにライフワークバランスをとりながら生活していくか」ここに執着していたのです。


独立当初、諸々の保険等含め30万円は手取りでいただきたいなと考え、それを目標にしました。30万円と一言で言っても、その内訳は様々です。そしてこの「様々」を考えることが、駆け出しウェブライターにとって重要なことでもあります。


まず、1番危険な考え方をご紹介します。それが、1社から30万円もらうつもりで働くことです。一見すると効率が良さそうに見えます。クライアントとの信頼関係も深まりそうですし、もしかしたらハンティングされるかもしれません。


ここで1つ「リスクヘッジ」という考え方について説明します。


リスクヘッジとは、リスク分散とも訳される単語です。危険性を分散するということ。ここでいう危険性とはなにか?あなたがうまく文章を書けなくなることではありません。クライアントが倒産・破産してしまうリスクのことです。


8年と言えど、インターネットの世界は現在同様めまぐるしく変化を遂げていました。その変化に順応するものもいれば淘汰されていくものもいます。さて、毎月30万円の報酬を与えてくれていたクライアントが淘汰されてしまったら?


答えは明確です。そこで、リスクヘッジという考え方が重要になります。


現代のウェブライティングとリスクヘッジ



ランサーズ、クラウドワークス、Bizseek、シュフティ、PVモンスター、@SOHO、ライター@JOBPORTAL、サグーワークス、そのほかにも多くの媒体が存在し、さらにその中に多くのクライアントがいます。


月30万円の売り上げを出すために、こういう考え方をしてみてはいかがでしょうか?


3万円×10社=30万円


クライアントとのやりとりは若干煩雑になります。しかし、どこかのクライアントが頓挫(とんざ)してもそのダメージは最小限に抑えられるといっていいでしょう。


「ダメージを減らすためだけにリスクヘッジ?」


と思う方もいるかもしれません。もちろん、それだけではありません。


簡単な問いを出します。


今から1週間以内に30万円稼ぐのと、3万円稼ぐのと、どちらが簡単ですか?


聞くまでもなく3万円なはずです。3万円という金額に対する業務をこなすわけですから、比較的簡単な案件になります。しかしこれが30万円となるとまた話は別。仕事量ももちろん関わりますが、仕事の難易度が高まります。


難易度の低い案件は、必然的に競合が少なくなります。ここが、リスクヘッジをする最大の利点です。一気に大きく稼ぐことはできなくとも、自分の出来る範囲で磐石に稼ぎ続けることができるのです。万が一クライアントの1つが倒産してもダメージは3万。また別に3万円分の案件をとれば補填されます。


名声欲が業務を破綻させることも。


特にデビューしたてのライターさんは「どこか大きなメディアで実績を作りたい!」「無料でもいいから記名記事の実績が欲しい!」と躍起になっています。非常に危険です。プロとして文字を書いたら必ず報酬をもらう。とてもシンプルなルールですが、これを徹底するようにしましょう。


ライティング専門の会社もありますし、広告代理店、制作会社もある中でわざわざライターに業務を発注する理由はただ1つ、安いからです。ここ重要ですので忘れないようにしましょう。


まとめ。


ライターとしての闘い方はなにも文章を書くディスプレイ上だけではありません。どんな仕事をどこからどれだけもらうか、リスクヘッジができているか、常に頭に入れて行動するようにしましょう。特にフリーランスのライター一本で食べていくつもりの人は。