読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狙い撃つブログ

ライティング、アドセンス、アフィリエイトなどについてまとめています。

九州人猛反発?九州を国内外にPRするロゴマークのデザインがそこはかとなくファニー。

意見記事

もう随分昔の話なような気がします。2020年東京五輪のロゴ盗用問題。某デザイナーの案は棄却され、新たに刷新されたロゴに落ち着きました。


デザイナーさんって本当に大変ですよね、ないところからあるものをつくる、まさしくクリエイターといいますか。そして、その深慮と研鑽によって作られたロゴは大きなエネルギーを持ちます。


私はライターで、デザインのプロではありません。しかしながら、チラシ、ポスター、DM、HP、LP、商品パッケージの制作などにライターとして関わる機会も少なからずいただいております。「お、このロゴいいな!」とか「このデザインにはこんな意味があるんだろうなあ」とか想像してはアートディレクターさん、デザイナーさんとおしゃべりする時間がなんとも言えず好きです^^


さて、そんな色んな意味で重要なロゴについて、専門家でない立場でこういうのもなんですが、今回タイトルにしている『九州を国内外に向けてPRするはずのロゴ案』(福岡県総務部県民情報広報課管轄)にひとこと物申したいのです。


正確に言うと、5案あるなかの4案に対して。


グダグタとデザイン素人の私が語るより見るが易し。早速そのロゴを見ていきましょう。


案①・②:九州地図の中に星が入ってジャパンって言っちゃってるロゴ。

なかなかcoolなデザインです。1998年式のWordか何かで作ったのかな?と思ってしまいました。九州の地図そのまんまの中になんの工夫もない星がキラキラ


案②に関しては、左下から日本地図まであります。しかもここにもご丁寧に九州が、九州ダブり…


本当にデザイナーさんが作ったのでしょうか?作り手の方には申し訳ありませんが、そう思わざるを得ません。


案③・④九州テトリスの中に星があったりなかったり…そして全案にJAPAN!



案①②よりはシンボライズされて…ますけど、これ完全にテトリスですよね。おそらく1番右上は山口県、左下は沖縄県です。Kyushuのフォントから色気のカケラすら感じません。


一番目につくのが左上のJAPANと国旗。一体なんの意味が…



案⑤ようやく安心して眺められるデザイン…



最終案にしてようやくそれっぽいロゴが見られました。いち九州人としてホッとしました…。


所感。


正直な所、①-④から選べなんて拷問に近いです。九州にお住いの方はもちろん、そうではない方もこのデザイン、どのように感じられますでしょうか?


まだ確定ではなく意見募集中とのこと(下記画像参照)。ヨカッタ…。


案⑤のようなデザインが、もう4つくらい出てきて、その中から選抜されることを切に願います。


福岡県庁HP
九州の統一的ロゴマーク(案)に対する意見募集 - 福岡県庁ホームページ

ワードプレスユーザーの方は要チェック!Google‪AdSense公式プラグインのサポートが2017年5月終了に。

アドセンス ワードプレス

2017年3月3日2:11に、Googleさんからこのようなメールが届きました。



はてなブログのみ運用されている方にはあまり関係ない内容となりますが、


ワードプレスサイトを運営されている方GoogleAdSense(グーグルアドセンス)公式プラグインを利用している方は要チェックです!!


Google公式のワードプレスプラグインGoogleAdSense」のサポートが2017年5月で終了するとのことです。大変便利なプラグインですので私も利用していました…便利だった分、変更に手間がかかりそう。


メールの内容によれば、通常の‪AdSenseページより再度広告コードを作り直して設置する必要があるようです。まさかのダウングレード以上のニュース。驚きです。


このプラグインをご利用されている方は早めに対策を講じた方が良いでしょう。


短文ですが、今回はここで失礼します。

駆け出しウェブライターの闘い方。

ランサーズ

ライターとして早8年ほどのキャリアになりました。もちろん私もはじめは駆け出しです。広告代理店や制作会社に勤務することなく、唐突にライターとして独立しましたので師はいません。


かろうじて言うなら「案件が父」です。


本来であれば、しっかりとお受験勉強的な準備をしていざ荒野へといったところなんでしょうが、せっかちな私は「まあなんとかなるだろう」の精神で見切り発車したわけです。

今となってはライター初心者の頃もいい思い出です。そして、その時の体験や工夫が、今まさにこれからライターとしてデビューされようとされている方に少しでも役に立つのではないかと考えるようになりました。


老婆心というにはまだまだ若輩な私ですが、駆け出しライターさん、特にWebで闘うつもりのウェブライターさんに向けて、私の履歴をご紹介していきたいと思います。


【目次】



一社執着は危険?


8年も前となれば、クラウドソーシングに代表されるような便利なサービスはほとんどありません。ライターの案件も知り合い伝いに紹介してもらったり、インターネット上にわずかにある業務委託の案件を受注してきました。


独立したからには一旗あげたい!」そう思うのが常でしょうが、残念ながら私は違いました。「いかにライフワークバランスをとりながら生活していくか」ここに執着していたのです。


独立当初、諸々の保険等含め30万円は手取りでいただきたいなと考え、それを目標にしました。30万円と一言で言っても、その内訳は様々です。そしてこの「様々」を考えることが、駆け出しウェブライターにとって重要なことでもあります。


まず、1番危険な考え方をご紹介します。それが、1社から30万円もらうつもりで働くことです。一見すると効率が良さそうに見えます。クライアントとの信頼関係も深まりそうですし、もしかしたらハンティングされるかもしれません。


ここで1つ「リスクヘッジ」という考え方について説明します。


リスクヘッジとは、リスク分散とも訳される単語です。危険性を分散するということ。ここでいう危険性とはなにか?あなたがうまく文章を書けなくなることではありません。クライアントが倒産・破産してしまうリスクのことです。


8年と言えど、インターネットの世界は現在同様めまぐるしく変化を遂げていました。その変化に順応するものもいれば淘汰されていくものもいます。さて、毎月30万円の報酬を与えてくれていたクライアントが淘汰されてしまったら?


答えは明確です。そこで、リスクヘッジという考え方が重要になります。


現代のウェブライティングとリスクヘッジ



ランサーズ、クラウドワークス、Bizseek、シュフティ、PVモンスター、@SOHO、ライター@JOBPORTAL、サグーワークス、そのほかにも多くの媒体が存在し、さらにその中に多くのクライアントがいます。


月30万円の売り上げを出すために、こういう考え方をしてみてはいかがでしょうか?


3万円×10社=30万円


クライアントとのやりとりは若干煩雑になります。しかし、どこかのクライアントが頓挫(とんざ)してもそのダメージは最小限に抑えられるといっていいでしょう。


「ダメージを減らすためだけにリスクヘッジ?」


と思う方もいるかもしれません。もちろん、それだけではありません。


簡単な問いを出します。


今から1週間以内に30万円稼ぐのと、3万円稼ぐのと、どちらが簡単ですか?


聞くまでもなく3万円なはずです。3万円という金額に対する業務をこなすわけですから、比較的簡単な案件になります。しかしこれが30万円となるとまた話は別。仕事量ももちろん関わりますが、仕事の難易度が高まります。


難易度の低い案件は、必然的に競合が少なくなります。ここが、リスクヘッジをする最大の利点です。一気に大きく稼ぐことはできなくとも、自分の出来る範囲で磐石に稼ぎ続けることができるのです。万が一クライアントの1つが倒産してもダメージは3万。また別に3万円分の案件をとれば補填されます。


名声欲が業務を破綻させることも。


特にデビューしたてのライターさんは「どこか大きなメディアで実績を作りたい!」「無料でもいいから記名記事の実績が欲しい!」と躍起になっています。非常に危険です。プロとして文字を書いたら必ず報酬をもらう。とてもシンプルなルールですが、これを徹底するようにしましょう。


ライティング専門の会社もありますし、広告代理店、制作会社もある中でわざわざライターに業務を発注する理由はただ1つ、安いからです。ここ重要ですので忘れないようにしましょう。


まとめ。


ライターとしての闘い方はなにも文章を書くディスプレイ上だけではありません。どんな仕事をどこからどれだけもらうか、リスクヘッジができているか、常に頭に入れて行動するようにしましょう。特にフリーランスのライター一本で食べていくつもりの人は。

使い方次第でブログは金脈になる。

アドセンス アフィリエイト

ブログサービスにも様々な媒体があります。著名なところでいうなら、


といったところでしょうか?それぞれのブログに特徴があり、その中にいるユーザーさんにも一定の傾向があるように感じます。


そんな私は、はてなブログ(無料版)を愛用させていただいています。本格的にブログの収益化に踏み出すにははてなブログPro版がいいようですが、あえて無料にこだわって書き続けていきたいと思います。


さて今回の記事では、ブログを用いて金脈を作る方法について簡単にまとめていきたいと思います。すでにブログで何万円、何十万円と稼いでいる人を想定している記事ではありませんので悪しからず。あくまでこれからブログで収益を上げたいと考えている人向けの記事です。


【目次】



記事を書いたらお金が増える→NO!


ブログを収益化させる際に記事は必要です。しかし、闇雲に記事だけ書き続けても、残念ながら報酬は一円も発生しません。酷なようですがこれは事実です。


書く文字数によって報酬がもらえるというわけでもありませんので、極端な話1000記事書いても1記事書いても、100文字書いても100,000文字書いてもあることをしないと、いつまでたってもあなたのブログは金脈と化しません。


では、どのようにしてブログで収益化するのか、その基本的な方法を3つ紹介していきたいと思います。


GoogleAdSense(グーグルアドセンス)に登録。


ご存知の方も多いと思います。天下のGoogle先生が提供しているGoogleAdSenseという広告プログラムです。仕組み自体はとても簡単。あなたの運営しているブログを‪AdSenseの審査に出し、通過すれば晴れてGoogleAdSenseの広告コードをブログに貼り付けることができます。


その広告コードをブログの任意の箇所に貼り付け、ブログ訪問者がそのコードリンクをクリックしたら報酬が発生します。クリック単価などと言われるサービスです。クリック単価はその時々に表示された広告のタイプによって変わります。


1クリックしてもらうだけで200円ほどの稼ぎになることもありますし、1円にしかならないこともあります。


こればかりはGoogleさんの神の手のなせる技なのでどうしようもありません。しかし、どちらにしてもクリックしてもらうためにはアクセス数の母数が必要となります。そのためブロガーと呼ばれる人たちはアクセスが集まりそうな楽しげな記事を書いているわけですね。


ちなみにアドセンスの登録や利用に一切費用はかかりませんのでご安心ください。


オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Google



成果報酬型のアフィリエイト


アフィリエイトアドセンスと異なり、より通販要素の強いサービスになります。簡単に説明すると、あなたのブログで特定の商品を紹介し、そのブログ経由で購入や成約に至った場合に、広告主から紹介料という形で報酬がもらえるシステムです。


これら広告を集約している媒体をASPと呼びます。日本ではA8netやバリューコマース、アクセストレード、リンクシェアなどが有名です。


サイトへの登録は無料で、広告取得も完全無料。金銭的リスクなくスタートできるのがアフィリエイトの大きな特徴です。


私が使っているのはA8net。広告数も多く使い勝手も良いので重宝しています。無料登録は下記からどうぞ。





タイアップ記事。


これは一握りのブロガーでないと受けることができない案件です。例えば、月間のアクセス数が数百万を超えているような媒体の場合、クライアント側から「この商品をオタクのブログで紹介してくれませんか?」とオファーが来ることがあります。


これにより、案件によっては数万円から数十万円の報酬を得ることも可能です。かなり敷居が高いのも事実ですが、、、


全く不可能というわけでもありませんので目指してみるのも一興かもしれませんね。

まとめ。


このように、ブログ経由で収益を上げるためには「GoogleAdSenseを利用する」「アフィリエイトを利用する」「タイアップ記事を書く」などの方法があります。基本的なものばかりになりますが是非参考にされてください。

プロジェクト案件の成約率を上げる3つのポイント。

ランサーズ


ランサーズにてプロジェクト案件に応募しようとした場合、必ず提案文を書く必要があります。


賢い人はテンプレートをいくつか作って適宜使い分けていることでしょう。確かに非常に効率的なようにも思えます。


しかし、そんなテンプレート、よっぽどマヌケなクライアントを除いて、良心的なクライアントはほとんど見抜いています。


あ、これは手抜きの提案文だな」と。


ランサーズにしろクラウドワークスにしろ、実際にクライアントと対面するわけでもなくやりとりが進んでいくある種特殊な媒体です。その中において日頃のメッセージのやりとり、特にファーストコンタクトとなる提案文を蔑ろにしていいわけありません。


クラウドソーシング「ランサーズ」


というわけで、今回の記事では、プロジェクト案件の成約率を上げる3つのポイントをご紹介していきたいと思います。実際にクライアント側として提案文を見る私の主観も入りますので、あくまで参考程度にご覧ください。


【目次】



ポイント1:動機。


提案文を見ると、すぐに自分のアピールポイントを羅列してくる人が多くいます。確かに熱意は伝わりますが、発注するこちら側としては「なぜ」この案件を受けたいのかが知りたいわけです。


理由は大事です。こちらとしてはお金を払って文章を書いてもらうわけですから、大した理由もなく、なんとなく手頃そうでそれなりに単価もいいからなんてテンションで仕事されても困ります。


とはいえ、なかなかそんな全案件にモチベーションがつくものではありません。なので、案件の特色をうまく掴み、そこにストーリーをつけるようにしましょう。



例えば、クレジットカード系の案件があったとします。これに対する動機付けで考えられるのは、

  • クレジットカード収集が趣味である
  • 自身でゴールドカードを所有しておりその付帯サービスもよく活用している
  • 金融系の企業に勤めていた経験がありリアルな話が書ける
  • 自分のカード以外にも家族カードを複数、最近はデビッドカードを息子に持たせている
  • クレジットカードポイントを貯める裏技を5つ承知している


などとあるとクライアントも「おっ」と惹かれてしまうかもしれません。



ポイント2:実績。


こちらも非常に重要です。今までに似たようなジャンルのコラムを書いたことがあればそのリンクを、ポータルサイトに寄稿した履歴があればそのページを、実際にアフィリエイトサイトを運営しているならそのリンクを、あるだけなるべく多く書くようにしましょう。


そして、実績を書く順も重要です。基本的に強いと思われる実績から書くのが定石。1-3つ、強力な実績があればほぼそれで十分ともいえます。


また、実績のリンクを無作為に貼り付けるだけでなく、そのサイトがどういうもので、自分がどの記事をどんな想いで執筆したなども数行でまとめるとよいでしょう。長すぎると冗長な印象になるので150文字くらいでまとめてください。


ポイント3:人柄。


意外と見られます。なにも、提案文に「ぼくは真面目な人間です!」と書く必要はありません。どうせ書いても信じられませんから(笑)


人柄を見せる時に重要なのが、いかに自慢っぽくなく、でもしっかりと自分の良さを行動や今までの結果、または他人の評価において表せるかどうかということです。


「ぼくは真面目な人間です!」には根拠がありません。しかし、あなたがランサーズの評価5つ星を獲得していれば、記事の品質はもちろん納期感覚などもしっかりした人であろうという意識を与えることができます。


過去のクライアントとのやりとりで印象的なことがあればそれを書いてもいいでしょう。人柄の見せ方のポイントはとにかく自慢しないことです。


女性を口説く時、直接「あなたは綺麗だ」と伝えるより、友人を介して「あいつ、お前のことホント綺麗って言ってたぞ」と言ってもらう方が第三者のフィルターが入るため信憑性が増します。

まとめ。


プロジェクト案件を獲得するためのポイントとして「動機」「実績」「人柄」をあげました。もちろんこれだけでは十分ではありませんが、今までこういった要素が欠けていたな、と感じた方は是非実践されてみてください。

ランサーズのプロジェクト案件を可能な限り早く受注するための案件検索法。

ランサーズ

クラウドソーシングの2大巨塔のひとつ、ランサーズ。クラウドソーシングを使ってお小遣い稼ぎや個人事業として仕事をこなしている人にとっては無くてはならないパートナーと言っても過言ではないでしょう。


クラウドソーシング「ランサーズ」

かく言う私も、ランサーズさんの方でお世話になっています。受注している案件は主にウェブライティング。コピーライティングにもチャレンジしていますが、コンペ形式のものが多く、まだ実力が足りないこともあって収益化するには至っていません。


今回の記事では、そんなランサーズのライティング案件の中でも、早めにプロジェクト案件を受注したいと考えている人のために、ちょっとした案件探しのコツを伝授したいと思います。


【目次】



タスク案件とプロジェクト案件の特徴。

タスク案件とは


ランサーズのライティング案件には、大きく分けてタスク案件プロジェクト案件の2つのタイプがあります。タスク案件は、簡単に言うとクライアントとのやりとりなく(または最小限に抑えた状態で)案件をこなせる手間のかからない案件となっています。機械的に募集されている案件をこなすことができ、よっぽど記事の指定から外れない限り承認されますので、「クライアントとのやり取りが面倒」「夜中の時間帯や自分の好きな時間帯に好きにライティングをしたい」「ライティング初心者なのでとにかく実績を積みたい→案件の難易度も比較的低め」「とにかくひと記事だけでもチャレンジしてみたい」という人におすすめです。ノルマや納期の指定がないのも大きな魅力かもしれません(※ただしひとつのタスクには上限が設けられています。このタスクは100記事のみ必要、といった感じです)。


その分、報酬が低い、中には低単価の案件が多くある、ステマ案件が存在するなどのデメリットがありますが、実績を積むこともできますし、タスク案件からプロジェクト案件の招待があることも多いのでやる価値は十分にあるといえます。ただし、タスク案件の中には稀に、受注条件がついているものがあります。作業承認率が90%以上、性別の制限などがありますので、そちらも十分にチェックしてから案件に望むようにしましょう。

プロジェクト案件とは


タスク案件と異なり、一つのプロジェクトとしてまとめてライティング案件が紹介されているものをプロジェクト案件と言います。タスク案件に比べて単価が高い、ある程度の作業ボリュームがある、専門性が求められるといった点が特徴となっています。中には「200記事執筆で報酬10万円」といったものもありますし、大手キュレーションメディアの担当ライターとしての仕事などもあります。より高いレベルを求めるライターさんは早めにプロジェクト案件に着手することをおすすめします。


しかし、プロジェクト案件の大きなハードルとして「提案」があります。いわゆる営業のようなもので、案件を募集しているクライアントに対してこの案件を受けたいというラブレターを出す必要があります。ランサーズの方で、提案文のテンプレートも用意されていますが、できればオリジナルで送ったほうが心象がいいでしょう。プロジェクト案件を出しているクライアントも同じ人間です。楽をすればするほど、それは相手に伝わります。


どのように自分を売り込むか、いつまでに納品するか、それをいくらで受けるか、修正はどれくらい対応するかなども綿密に打ち合わせる必要があります。ランサーズ初心者さんはいきなりプロジェクト案件に挑戦するのは無謀かもしれません。ある程度タスク案件で慣れてからプロジェクトに望むほうが無難です。


プロジェクト案件をなるべく早く受注する方法。検索条件で「残り時間が少ない順に表示する」を活用する。


ランサーズの便利なところは、案件の並べ替えができる点です(下図参照)。


f:id:scopedogs3:20170301210521p:plain


さてここで、プロジェクト案件の特徴である提案と受注までの流れについて説明していきたいと思います。タスク案件は簡単な説明書きがされてあり、それに沿ってライティングを行えばだいたい2〜3営業日で作業が承認されます=報酬が獲得できます。しかし、プロジェクト案件は提案を送ってからクライアントからの返事を待つ必要があります。ひとつのプロジェクトでも人気のものであれば多数のライターが応募しているケースもあり、クライアントもなるべくいいライターを選ぼうと選抜する時間が発生するわけです。早いところは数日も経たずに決定するのですが、長いものだと2週間以上連絡待ちといったこともめずらしくありません。この間仕事ができないのはなかなか致命的ですよね。


そこで、今回タイトルにも書いているとおり、プロジェクト案件をなるべく早く受注する方法をご紹介していきたいと思います。では早速内容に入っていきましょう。


残り時間が少ない順にプロジェクト案件を並べ替えると、クライアントが指定している期日が残り数時間のものが大量に表示されるようになります。ここで、クライアントの気持ちになってみましょう。ランサーズで記事を募集するといういことは、何かしらのメディアに文章を載せたい、自社のアフィリエイトサイトに記事を載せたいと言った希望があるはずです。それにはある程度のスケジュールがあります。そのため、募集を出したはいいものの、誰からも応募がなければ生地が手に入らないという状態になります。


「残り時間の少ない案件」を攻めることで、スケジュール的に少し焦っているクライアントにいいイメージを与えることができます。もちろん、ライティングの能力あってこその案件もありますが、わたしはこの方法でたくさんプロジェクト案件をこなし、実績と信頼を獲得することができたように思います。クライアントとしては自分が焦っていたときにいいライターさんが見つかればかなり入れ込んでくれます。何度も継続案件を振ってくれるなどメリットも盛り沢山ですので十分に試す価値アリです。

まとめ。


このように、ちょっとした工夫をすることで、ランサーズのプロジェクト案件をいい具合に受注することができます。

・まだランサーズのプロジェクト案件をこなしたことがない
・プロジェクト案件に応募したいけどなかなか一歩踏み出せない

と考えている人は是非参考にされてみてください。


次回は、ランサーズのプロジェクト案件獲得にとって非常に重要な「提案文の上手な書き方」についてまとめていきたいと思います。是非お楽しみに。


クラウドソーシング「ランサーズ」